京都おさらい学習帖

京都おさらい学習帖 vol.22 京都水族館

 2012年3月の開館以来、常に革新的なイベントを取り入れ、家族やカップル、観光客など多くの入場者数を誇ってきた京都水族館。日本初の完全人工海水を利用した内陸型水族館で、約250種、15000点のいきものが全12エリアに暮らしている。京の海をまるごと再現した人工海水から成る「京の海」大水槽や、「交流プラザ」における特別展示のほか、体験プログラムもあり、何度来ても楽しめると人気。

 入場したらまずチェックしたいのが、毎日行われる『イルカLIVEきいて音』のタイムスケジュール。参加型のイルカパフォーマンスで、11月3日~5日は光を駆使したナイトパフォーマンスも開催されるので見逃せない。ペンギン、オットセイ、「京の海」大水槽を泳ぐ魚たちのフィーディングプログラムのタイムスケジュールも要チェック。普段はなかなか見ることの出来ない、いきものの姿や、飼育スタッフとのやり取りなどが楽しめ、いきものをより身近に感じられる。また、忘れてはいけないのが、京都・鴨川に生息する世界最大級の両生類・オオサンショウウオ。国の特別天然記念物であり、生きた化石とも呼ばれる謎の多い希少生物に、じっくり向き合ってみるのもおもしろい。リピートするなら、2回行けば元が取れる年間パスポート(大人)4100円がおすすめ。お得なパスポートを手に入れて、何度も海や川のいきものに会いに行こう!

CHECK!
TEL: 075-354-3130
11月1~30日の期間限定!
『ちんあなごだらけの京都水族館2017』

11月11日が「チンアナゴの日」に制定されていることから、館内がちんあなごだらけになるイベントを開催!数字の『1』にちなんでチンアナゴとその仲間が111匹ずつ登場。館内「ハーベストカフェ」にて、期間限定オリジナルパフェ550円も販売。1日11個限定なのでお早めに!

1. いきもの達の新たな一面を発見できるパフォーマンスも開催。 2.12月上旬から2018年1月下旬(予定)まで、夜の時間限定でライトアップされる「イルカスタジアム」。 3. コの字型の水槽で暮らすミナミアメリカオットセイ。 4. 京都の地にゆかりのある植物や、京野菜などが植えられている、「京の里山」エリア。

京都水族館(きょうとすいぞくかん)
TEL: 075-354-3130
京都市下京区観喜寺町35-1(梅小路公園内)
10:00~18:00(17:00最終受付)
入館料大人 2050円
無休 Pなし

アクセスマップ(googlemap)