京都ご利益スポット巡り

足腰の健康保持なら、スポーツ選手も参拝する護王神社で安全祈願

足腰の健康保持なら、スポーツ選手も参拝する護王神社で安全祈願

【チェックポイント】

毎年11月の終わりから節分まで、拝殿前に掲げられる干支の大絵馬。それ以外の時期も境内に展示され、自由に参拝することが可能。高さ2.75m、横幅4.28m もの大きさで、年賀状用に撮影する参拝者も。

地下鉄丸太町駅から北へ徒歩7分。京都御所を蛤御門の向かいに鎮座する。祭神・和気清麻呂の危機を300頭ものイノシシが救い、足萎えを回復に導いたという逸話から「イノシシ神社」として有名。足腰の病気・ケガからの早期回復や健康・安全を祈願に、全国から多くの参拝者が訪れる。近年では、陸上競技やサッカーなどのスポーツ選手や、マラソン大会前に訪れるランナーも増えているそう。

護王神社(ごおうじんじゃ)
TEL: 075-441-5458
京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
拝観無料。6:00〜21:00(祈祷・授与所受付時間 9:00〜17:00)。無休。Pあり。
アクセスマップ(GoogleMap)